誰もが使えるテクニックとお得な最新情報!

リアルタイム3次元CG

1. リアルタイム連動

特許登録済
平面、正面、側面どこからでも作画・編集が可能です。操作結果はリアルタイムに連動します。
また、3Dモデルもリアルタイムに作画され、3Dモデルから移動や変形を行うことも可能です。
編集結果は2次元図面に即時反映されます。

ルート移動・ルート変形

2. 精微な3D表示、3Dの直接印刷

3Dを手前から奥行まで全て透過処理し、綺麗で見やすい3D表示が可能です。
また、3Dの印刷ボタンにより、直接印刷が可能です。
フォンシェーディングの採用により、きれいで滑らかな3D表現が可能です。

3. CGへの注記、寸法作画機能

3Dウィンドウ上で「コメント注記」や「寸法」を作成できます。

4. CGへの平面投影

3Dウィンドウへ平面の図形(文字含む)を投影できます。

3Dウインドウへの平面図形への投影3Dウインドウへの平面図形への投影

5. 3D-PDFへの出力

近年増えている現場でのタブレット利用に対応するため、3Dデータの3D-PDFへの出力を可能としました。

6. PDF対応(読込)

ラスター機能にPDF読込ができるようになりました。
ラスターの配置編集の角度補正機能が利用でき、斜めのデータを補正できます。
参照図面機能でPDFファイルが読込できるようになりました。
複数ページあるPDFの表示ページ指定が可能です。

7. PDF対応(書込)

他変換ソフトを利用することなく、図面の任意箇所を直接PDF保存できます。
CADEWAソフト単体で図面のPDF化が可能です。

8. CGの断面カット

3Dウィンドウ上で、最大4方向から同時に、モデル切断可能です。3Dモデルの確認したい位置をより明確に早く表示でき、設備の見える化に効果を発揮します。

9. レベル切断設定

シート毎にフロアレベルを持たせ、1棟1ファイルの表現が可能です。レベル切断設定では、任意のフロアシートレベルを基準に、上下の切断レベルを設定することで、必要な部分を2D,3Dで表示することができます。

10. ムービー作成、AVIファイル出力

3Dウィンドウから、複数のシーンを登録しムービーを作成できます。作成したムービーは、AVIファイル形式で保存可能なため、CADEWAユーザではなくても動画再生ソフトで再生頂けます。プレゼンテーションに効果を発揮します。